保系の解決策と包茎の治療法と治療費

包茎の解決には医師の出番


多くの男性が悩んでいるものに包茎があります。
とある統計では日本人の7割が仮性包茎だと言われています。
その解決策として民間療法的なものが知られていますが、それはあまり効果がありません。
もしも、確実に包茎を改善したいと思うならば、包茎の治療法を試すのが一番です。
つまり、医療の力を借りるわけです。
余分な皮を切り取ることで、包茎の本質的な悩みを改善することができます。
「手術するのが怖い」「入院などの手間がかかりそう」と思ってなかなか踏ん切りがつかない人もいます。
でも、手術と言っても、大掛かりなものではなく、施術時間もほんの数十分で終わってしまいます。
人体への負担も小さいので、日帰りで済むことも少なくありません。


気になる包茎の治療費について


そして、気になるのが治療費です。
包茎の状態や治療法によっても異なってきますが、数万円から数十万円と相場にも幅があります。
ただし、仮性包茎よりも深刻な真性包茎のほうが治療費が高くなると思われがちですが、そうならない可能性もあります。
なぜならば、真性包茎のケースでは公的な医療保険が適応されることがあるからです。
真性包茎では、感染症の可能性や日常生活への影響などが考えられるためです。
保険が適応されれば、治療費の自己負担が3割と抑えることができます。
そのため、仮性包茎よりも安く済ませられる可能性があるのです。
何はともあれ、包茎の治療は医療機関でしかできません。
まずは医師に相談してみるのがいいでしょう。