包茎の治療法にはどのようなものがあるか

代表的な包茎の治療法は包茎手術


代表的な包茎の治療法は包茎手術を受けることです。包茎手術を受ければ余分な包皮を取り除くことができるのでこれまで隠れていた亀頭を露出させることが可能になります。
包茎手術なら確実に包茎を治療できますし、専門の医師による治療なので比較的安全性が高いです。多少の個人差はありますが平均的な手術時間は40〜50分程度とされています。また、専門の医師に相談できるので包茎について一人で悩まなくてもよいというメリットもあります。
これまでは手術中に痛みを感じたり手術跡が目立ってしまうというデメリットもありましたが、近年では技術の進歩によりこれらの問題を解決することが可能になりました。ただし、中には技術が未熟な医師もいるので包茎手術は信頼できる病院で受けることが大切です。


包茎は矯正器具で治療することも可能


包茎は矯正器具を付けることで治療することも可能です。ただし、矯正器具で治療できるのは仮性包茎の場合のみで、真正包茎の場合は治療できないので注意が必要です。また、矯正器具による治療は確実性に欠けるので確実に包茎を治療したい場合は手術を受けた方がよいです。
包茎の矯正器具にはリングタイプや下着タイプ、接着剤タイプなどがありますが、どのタイプも日常的に亀頭を露出させて包皮に剥き癖をつけることで包茎を治療するものです。
矯正器具の中には安全性に欠けるものもあるので使用すると包皮を傷付けてしまうことがあります。そのため、矯正器具を使用する際は専門の医師に相談してから使用した方がよいです。また、慣れるまでは連続して使用しないようにしたり、少しでも異常を感じたらすぐに使用を中止することが大切です。

真性包茎を治療している場所は多くあるので、費用や技術面で比較をして一番効率のいい場所を選らんで利用できます。